「魔女の宅急便」の見どころ

ジブリ映画の中でも根強い人気を誇る作品が「魔女の宅急便」です。時代が経った今でもその人気は衰える事がありません。そんな大人気作品「魔女の宅急便」の見どころについて説明していきたいと思います。

一番の見所は何と言っても主人公「キキ」の成長していく過程です。まだ幼い13歳が留学にも似た修行という旅立ちで知らない土地に降りたち、はじめは右も左もわからず不安なところからスタートし、色んな事に悩みながらも一歩ずつ成長していく姿は思春期の人に重なる部分があります。

また、この作品に出てくる街並みがとても印象的なのも見どころのひとつです。クロアチアのドブロブニクやスウェーデンのストックホルムなど何箇所か舞台モデルとなった街がありますが、本当にキキが飛んでいそうな時計台があったり海が見える景色だったりとこの作品ファンの人は実際に訪れるというほど人気な場所になっています。

ストーリー上では「魔女」は特に人間から隔離されたような扱いは受けておらず、むしろ「居ても普通」の存在として捉えられています。そんな世界で「自分も魔女だったら」と空を飛べる夢を見てしまいそうになるところも魅力です。

また、脇を固めるキャラクターも暖かい人たちばかりです。キキに空き部屋を提供してくれるパン屋の「オソノ」さんは豪快な笑い方でハキハキした肝っ玉かぁちゃんのような存在で、キキの不安な気持ちを優しく包んでくれます。

自分が新しい環境に降りたった時、出会いたいと思う理想なキャラクター満載の作品です。

Copyright(c) 2016   みんなが大好きな『魔女の宅急便』   All Rights Reserved.