魔女の宅急便の舞台に合う主題歌

ジブリ映画である魔女の宅急便の主題歌と言えば荒井由実の「やさしさに包まれたなら」です。挿入歌である「ルージュの伝言」とともに彼女の代表曲でもあるのですが、この魔女の宅急便の世界感にもピッタリな名曲です。 物語の舞台は西洋風の街で外の世界を知りたい女の子が、はじめて親元を離れて生活をするということを重点に物語が展開されていくのですが、魔法でいろんな人に役に立ちたいと思いながらも、失敗と挫折を繰り返しながら生活していく様子がこの曲の歌詞にも表れています。 特にサビの終わりの「目に移るすべてのことはメッセージ」という表現は、新しい環境に移って右も左もわからないという環境に中では、他人から教えてもらうことや自然と身に付くようなこと、あるいはその場所の環境や制度などに慣れていく様子など、現実世界でも共感できる部分がたくさんあるフレーズのひとつです。 さらにこの曲を聴くとはじめて一人暮らしをした時のことを思い出すので、この映画とのシチュエーションと被る部分もあります。

Copyright(c) 2016   みんなが大好きな『魔女の宅急便』   All Rights Reserved.