魔女の宅急便のキキの成長

ジブリ映画は長い歴史を持ってどの映画も視聴者を楽しませてくれる、また感動的な気持ちにしてくれる素晴らしい作品ばかりです。今回はそのジブリ映画の中でも魔女の宅急便の主人公キキについての成長過程を考察していきます。このキキですが最初に魔法使いとして飛ぶことしか才能のないと自分でも思っている女の子という特徴を持っています。魔女として他の町へ出ていき、その町で暮らす習わしに従って新たな生活が待っていたわけなんですが、大きな町では人は現代社会と同じ人はよそよそしく法整備の整った町でした。キキは田舎から出てきて違いに戸惑いますがそれでも自分に合った仕事を始め、生活が始まります。しかし、キキの思春期の心の変化によるものなのか突然魔法が使えなくなってしまいます。この困難の中親しくしていた男の子が危険な状態に急いで魔法を使って救出に向かいます。最後に立ち直って見せたキキの姿は少女でありながら成長を遂げた立派な姿を見せてくれました。見事にまとめられた話となっているのでぜひご覧になってみてください。

Copyright(c) 2016   みんなが大好きな『魔女の宅急便』   All Rights Reserved.