魔女の宅急便登場するトンボの魅力とは

魔女の宅急便は1989年に公開されたジブリ映画です。ジブリ映画は数多くの名作があると言われており幅広い年代の方から支持されています。 魔女の宅急便は魔女の女の子が主人公です。主人公が一人前の魔女となるために新しい町で様々な試練を乗り越えていくストーリーとなっていますが、その中で出会う人々とのやり取りが魅力的と言われています。 映画の中に登場する人物の中でも主人公の成長を握ると言われている人物がトンボです。トンボは空への憧れが強く人力で飛べる飛行機を作る事に意欲を燃やしている男の子です。主人公が新しい町で最初に出会う人がトンボですが、トンボとの関わりによって主人公が成長していく姿が描かれている事がこの映画の魅力となっています。 また魔女の宅急便の主人公は10代であり思春期の様子も描かれています。映画を見た方からは懐かしさや人に対する思いやりといった大切な部分を感じたという評価が数多く寄せられています。

Copyright(c) 2016   みんなが大好きな『魔女の宅急便』   All Rights Reserved.